現状

映画館を楽しむカップル

■婚活の現状
婚活は、2008年に発売された書籍、「婚活時代」によって一気に知名度が上がってきました。
それに伴い、独身の男性・女性は「結婚」について真剣に考えるようになり、今では多くの方が合コンやお見合いパーティーなどの婚活を行っている状況になります。

国内での結婚相談所は約4,000社程あり、登録数は約50万人~60万人にものぼると言われています。
現在、独身者で婚活を行っている方は、4人に1人以上という状況になっています。

日本の少子化問題や未婚化問題、晩婚化問題がますます進む中、婚活の重要性はかなり高いものとなっています。

婚活の種類

夢の新婚生活

■婚活の種類
婚活には、結婚相談所のサービス同じように3つのタイプに分かれて行われています。
この3つとなるのが、「マッチング型」「インターネット型」「婚活パーティー、お見合いパーティー型」の3つとなります。

■マッチング型
マッチング型は、利用者が提出した様々なデータを基にして、利用者の希望条件に合った異性をマッチングしていく、といった内容になっています。
希望条件は、「職業」「年収」「趣味」「身長」など細かい部分まで調べてくれるものとなっています。
希望条件などの細かいデータを基にして探すので、より自分の理想に近い異性と出会えるものとなっています。

■インターネット型
インターネット型は、まず自分のプロフィールを登録し、理想の相手の条件を入力して検索をしていく内容となっています。
インターネット型は、専用のホームページが設置されており、無料で登録できるようになっています。
結婚相談所などの料金が高いと感じる型はこのインターネット型を利用していきます。

■婚活パーティー、お見合いパーティー型
こちらは名前の通り、婚活パーティーやお見合いパーティー、合コン、イベントなどに積極的に参加して異性を探すといった内容になります。

婚活内容

出会いはすぐ近くに

■婚活内容
婚活といえば、合コンやお見合いパーティーなどに積極的に参加したり、結婚相談所に登録したりと、様々な活動が行われています。
一般的に婚活といえば、結婚相談所に登録や合コンというイメージが多いものとなっていますが、その他にも様々な場面で婚活は行われているものとなっています。

主婦業の修行として料理教室に通うことも、婚活になりますし、自分の容姿をよりキレイに見せるためにエステに通うのも婚活の一部となってきます。
これらの他にも、ダイエットやジムへ通って体を絞ったり、結婚資金のためにお金を貯めていたり、経済力が必要になることを考えて、年収が上がる資格を取る、という活動も婚活の一部になります。
婚活は、このように様々な場面で活動が行われており、ジャンルも幅広いものとなっています。

料金

新しい暮らし

■結婚相談所の料金
婚活を支援する結婚相談所へ契約する際の料金システムは、「入会金」「登録料」「月会費」の総額料金となっています。
「入会金」とは、結婚相談所への入会時に必要な事務手続き費用となっており、「登録料」とは、自分のプロフィール作成、データシステム登録に要する費用となっています。
「月会費」とは、お見合いのお申込みや、ご交際、ご結婚に向けたアドバイス、サポート料金となっています。

料金設定は、結婚相談所会社によって異なりますが、一般的な料金相場としては
「入会金」=約10,000円、「登録費」=約20,000円、「月会費」=約3,000円となっています。契約時はこれらの総額料金、36,000円を支払うものとなっています。

契約時の料金の他に、「お見合い料」や「成婚料」といった料金プランも設定されています。
「お見合い料」とは、お見合いがセッティングされた時に必要となる料金となります。これは立会いまで含めた料金となっています。
「成婚料」とは、お見合いや合コン、カウンセラーなどのアドバイスを経て、結婚に至った時に納入する費用となっています。

お見合い料は、約10,000円、成婚料は、約200,000円となります。